堺市中区にて屋上テラスFRP防水完了しました


立上り塗料塗
屋上テラスFRP防水も大詰めの工程です。
まず、立上り壁から前日に行ったガラス繊維下地溶着の作業で、樹脂塗料を下地に重ね塗りして行きます。
塗ムラなく均一に浸透するようにローラーを用いて塗布して行きます。床と壁取り付き部にはハケ等も用い入念に塗っていきます。

仕上げトップ塗
次に床面も同様に塗り上げて行きます。
旧防水の目地部分や排水溝(口)廻り段差部分は、特に念入りに重ね塗りしていきます。立上り壁と同じですが面積が広く一番に目に付くところが床面なので、塗ムラには一層気を付けて塗って行きます。
壁仕上がり状態
壁立上りと排水口の仕上がり状態です。
トップ塗をお客様と相談して、本来の落着きがあるグレー色にして塗り上げました。施工前と光沢がちがって鮮やかにしあがりました。

床仕上がり状態
床面の仕上がり状態です。
24時間は乾燥と定着のために屋上には上がらず自然養生します。
FRP近年ではボートや小型船舶・浴槽等に使用され建築関係でも防水効果と、確実性で盛んに施工される用になりました。又、普及と共に施工技術や価格もより安心出来る時代となりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アクリル波板 破損

河内長野市に強風の影響によりベランダの波板が破損、飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました現況を拝見しましたところ、波板が激しく破損、飛散してしまっていますこのままの状態ですと急な雨が降ってきたらと考えると洗濯物を安心して干せません...........

屋根塗装完了

和泉市より台風直後の板金補修に続いて、経年劣化が懸念される屋根と外壁の塗装工事を発注頂き、屋根塗装に続いて外壁の塗装工事に取り掛かりました。左写真が、台風直後の棟板金改修後の状況です。右の写真が馬琴改修後の屋根を水系ナノシリコン塗料での塗装...........

漆喰 現調

堺市南区のお宅で漆喰の剥がれと、瓦のズレ破損の調査に伺いましたお宅にお邪魔してお話を聞くと『台風の被害を受けるとは思っていなかった!屋根なんて登って見たりなんてしないし、気づいた時にはこんな状態で・・・』とのことでした屋根瓦は高所にあるので...........