堺市中区にて屋上テラスFRP防水完了しました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

立上り塗料塗
屋上テラスFRP防水も大詰めの工程です。
まず、立上り壁から前日に行ったガラス繊維下地溶着の作業で、樹脂塗料を下地に重ね塗りして行きます。
塗ムラなく均一に浸透するようにローラーを用いて塗布して行きます。床と壁取り付き部にはハケ等も用い入念に塗っていきます。

仕上げトップ塗
次に床面も同様に塗り上げて行きます。
旧防水の目地部分や排水溝(口)廻り段差部分は、特に念入りに重ね塗りしていきます。立上り壁と同じですが面積が広く一番に目に付くところが床面なので、塗ムラには一層気を付けて塗って行きます。
壁仕上がり状態
壁立上りと排水口の仕上がり状態です。
トップ塗をお客様と相談して、本来の落着きがあるグレー色にして塗り上げました。施工前と光沢がちがって鮮やかにしあがりました。

床仕上がり状態
床面の仕上がり状態です。
24時間は乾燥と定着のために屋上には上がらず自然養生します。
FRP近年ではボートや小型船舶・浴槽等に使用され建築関係でも防水効果と、確実性で盛んに施工される用になりました。又、普及と共に施工技術や価格もより安心出来る時代となりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドレン口処理

大阪市港区にて3階建て住居の屋上・ベランダ部分の防水が経年劣化しだしたので、仮設足場組から屋上他の残置材の撤去処分をして下地処理(ケレン・目地撤去・清掃)を施し防水仕上げに取り掛かりました。屋上・ベランダのドレン口の下地処理を行いました。(...........

カーポート屋根 破損

堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたカーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、