オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防災瓦で安心リフォーム!地震・台風に強い屋根!


更新日:2020年3月12日
仕事の都合で引っ越すことになり中古物件を探している30代後半の夫婦葺き替えるなら、と意見を出し合う夫婦だが意見が合わず。かたくなにスレート屋根を主張する奥さん屋根の点検に伺った街の屋根やさん渡辺支店長に相談する。奥さんがなぜ瓦屋根を嫌うのか、理由はわからない。瓦屋根の家に住むのが夢と語るご主人瓦屋根が苦手な理由をお聞きする東日本大震災の時仙台にいて被災をうけた。実家は倒壊が免れたが父が崩れた瓦屋根の下敷きになり大けがを負ってしまった夫婦で相談し、スレート屋根で納得してもらった。旦那さんは夢をあきらめてしまったようでがっかりしていた地震経験と聞きピンとくる渡辺支店長、防災瓦のパンフレットをお見せする防災瓦は震度7クラスの地震でも破損・脱落せず、風速46mに耐える耐風性能を備えている一枚一枚をロック式で繋ぎ釘で固定していく工法大きな地震でも落下しない瓦なら旦那さんの夢を叶えることができる。もう一度相談してみると伝える奥さん。これであの人の夢にも、正面から向き合える気がします、と言い、防災瓦の存在を知り、なにか吹っ切れたような笑顔を浮かべた

防災瓦で安心リフォーム!地震・台風に強い屋根!
概要

●強風や地震時にずれる・落下するといった瓦屋根の弱点を克服したのが防災瓦
・地震、強風に強い防災瓦は、瓦一枚一枚をビスで固定し、瓦同士が噛み合うロック構造でつなぎ合わせながら葺いていく。
・震度7クラスを想定した耐震性能試験でも瓦の脱落や破損が見られないほどの耐震性
・風速46mに耐える耐風性能。基準風速の1.5倍~1.8倍程度まで耐えられる強さがある
・割れた時は簡単に外せないのでどうしてもメンテナンス性は劣り、コストにつながる
・耐震性は屋根の重さだけでは決まらず、柱や耐力壁などの構造が大きく関係します
▼防災瓦を活用した屋根工事の施工は私たち街の屋根やさんにお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら→風速46mまで耐える、地震などの災害に強い防災瓦

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346