オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の部材『鼻隠し』ってどこにあるの?鼻隠しの役割や修理方法


鼻隠しコラム①

屋根で『鼻隠し』と呼ばれている部材を、皆さんはご存知でしょうか

ケラバや破風板と同様に、まだまだ知名度が低い屋根の部材『鼻隠し』ですが、実は、屋根を守ってくれる大切な存在なのです。

決して目立つ存在ではありませんが、『鼻隠し』は『強風』や『雨水の侵入』から日々、皆さんの大切なお住いを守ってくれています。

しかし、『鼻隠し』は雨の影響を受けやすい部分でもあるのです

その為、『鼻隠し』の劣化症状を発見した場合には、なるべく早い段階で修理を行った方がいいでしょう
大切な住まいに悪影響を及ぼしてしまうかもしれません⚠

今回のコラムでは、鼻隠しにスポットをあて『鼻隠しの役割』の他に、『劣化症状』『メンテナンス・修理方法』などを織り交ぜながら、ご紹介させて頂きます。

まず、『鼻隠し』とは屋根のどの部分にあたるのでしょうか?
ご一緒に見て行きましょう

?『鼻隠し』って何?

鼻隠し コラム

『鼻隠し』とは・・・?

軒先の先端に取り付けられている横板状の部材を指します

屋根を支えている垂木(たるき)の切り口を隠すために取付けられています!


??
『鼻隠し』という呼び名ですが、建築用語で軒先の事を『鼻先』と呼ばれている事に由来します

鼻隠しと破風板の違いはなに??

大きな違いは『雨樋』が取付けられているかどうかです。屋根の周囲で”雨樋”が付いている方が『鼻隠し』で、付いていない方が『破風板』になります!

?鼻隠し・4つの材質種類は?

鼻隠しの材質種類
詳細
★木製
4つの材質の中では、最もスタンダードでコスト面でも低いのが木製になります。

木製は”紫外線”の影響を受けやすく、劣化の進行がはやいのがデメリットであります。

他の材質に比べてみると、再塗装など定期的なメンテナンスの回数が多くなってしまいます。
★モルタル
昔はモルタル製の外壁が多く、その延長で鼻隠しもモルタル製の家が多かったようです。

しかし、モルタルを使用する住宅が現在では減少傾向にあり、モルタル製の鼻隠しは数を減らしています。
★ガルバリウム銅板
木製の上にガルバリウム板金を被せた材質になります。

ガルバリウムは耐食性・耐熱性の他に犠牲防食機能等特性があります。

犠牲防食機能とは、もし引っかき傷などによって亜鉛皮膜が一部露出しても、周囲の亜鉛が露出している部分を保護してくれる役割の事を言います。
このおかげもあり、劣化しにくく30年程はメンテナンスの手間がいりません。
★窯業系(ようぎょうけい)
窯業とは、粘土や石灰岩を高熱処理し、セラミックやセメントを製造する工業の事をいいます。

セラミックやセメントで作られているので、耐久性や耐火性に特化し、見た目の仕上がりは一番良いでしょう。

?鼻隠しの役割とは何があるのでしょうか?

鼻隠しの役目
詳細
雨水の侵入防止
鼻隠しは、雨水を屋根部材の隙間から侵入する事を防いでくれている役目があります。

鼻隠しがある事で、住まいをカビや湿気から守るだけではなく、大雨等の災害から住まいを守ってくれる大切な存在です。
耐風性を高める
屋根は、下から当たる風には大変弱い構造になっています。
屋根の耐久性を高める為に、鼻隠しを取付ける事で耐風性が高まる上に、垂木の間にも風が入り込まない様にカバーしてくれます。

鼻隠しがなければ、台風時等に屋根が飛散してしまい、大きな被害を受けてしまう可能性が高くなるのです!
雨樋取付のため
鼻隠しは、雨樋を取付ける為の下地としても大切な役割を果たしています。

垂木は、雨樋の支持金具を取付ける部分が限られていますので、鼻隠しを取付ける事によって、雨樋をシッカリ取付ける事が可能となります。
美観性の向上
部材が剥き出しの状態では、決して見た目が良いとは言えません。

鼻隠しを取付ける事によって、むき出している部材を隠してくれるので、住まいをスッキリと見せてくれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鼻隠しには雨樋が取付けられている為、雨が降ると、屋根から落ちてくる雨水が鼻隠しに飛び散り
湿気と乾燥を繰り返します

その為、傷みが激しいと言えるでしょう

また、2階の鼻隠しは風の影響を受けやすい箇所でもあります。

鼻隠しの材質によっては定期的なメンテナンスが必要となり、代表的なメンテナンス・修理方法について
ご紹介させて頂きます?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

?鼻隠しのメンテナンス・修理方法は?

メンテナンス・修理方法
詳細
・再塗装
鼻隠しの基本的なメンテナンス方法になります。

木製の鼻隠しは、10年~15年が再塗装の時期と言われています。
また、モルタル製の鼻隠しは外壁塗装と一緒に行うことをオススメ致します。
・交換修理
強風や突風の影響で鼻隠しが壊れてしまった場合には、交換が必要です。
被害状況によっては、一部交換で済む場合もありますが、全部交換が必要な場合もあります。
割れたり歪んだ場合は、新しい物に交換する事をオススメします!
・板金巻き
鼻隠しの劣化が進行している場合や、見た目をスッキリさせてたい場合に、板金を巻き修理をします。
用いる板金は、ガルバリウム銅板です!

?『自然災害』で建物に被害が出た場合は、保険会社へご相談を!

保険
台風をはじめ強風・暴風・突風等の『自然災害』で建物に被害がでた場合は、ご加入されている『火災保険』の『風災』で被害部分が補償されます。

一度、皆さんが加入されている火災保険の特約事項を確認し、保険会社へ相談してみましょう

例)強風で屋根が飛ばされた
  飛来物で屋根瓦が割れた
  台風でカーポートの骨組みが変形した
  突風で石が飛んできてガラスが割れた
  台風による暴風でベランダが破損した

※経年劣化は保険対象外となりますので、注意しましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知名度がまだまだ低い『鼻隠し』

しかし、台風や雨水の侵入など、屋根を守る上で様々な役割を果たしてくれています

『鼻隠し』は非常に雨の影響を受けやすい為、劣化がしやすい部材となります

屋根を守る大切な部分になるので、劣化を放置したままにしておくと雨漏りへと繋がりますので、劣化が酷い場合や壊れている場合は、早急に業者さんへ調査依頼をして頂ければ幸いです

                                   ~街の屋根やさん・堺店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346