本格的な梅雨到来の前に、屋根・雨漏りの点検をおススメします!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

コラム用 雨漏り画像
寒波もようやく落ち着き、少しずつ春が近づいてまいりました
春が訪れると直ぐそこには、ジメジメしたイヤ~~な梅雨が出番を待ちわびています
住まいは四季を通じて『暑さ寒さ』から私達を常に守ってくれていますが・・・
残念ながら築年数の経過とともに少しずつ劣化が進んでいきます
屋根・雨漏りの工事は【何かあってから行動しよう】では、すでに【被害が拡大している】可能性が高いと言われています。

毎年、梅雨の季節に入ってくると『雨漏りが頻繁に起こるようになってきました』『気になる箇所があり屋根の点検を』などの屋根,雨漏りに関するお問い合わせが、大変、多く見受けられます。が・・・
・・しかし・・色々とデメリットが出てきます

梅雨入り後のデメリットは・・・

雨の影響で・・問合せ増加すると

①施工業者の人手不足

②調査に時間がかかる

③工事が立て込み、順番待ちの時間が長くなる

④工事の着工が進まない
といった負の状況に陥ります

天候が良い今の時期に【屋根・雨漏りの点検】を行ってみては、いかがでしょうか

このような症状にお心当たりはございませんか??

※室内にカビが発生

※天井や壁にシミがあり水滴が落ちてくる

※雨が降るとポタポタと音がする

こちらの症状は、雨漏りの代表的な症状になります。

雨漏りは、小さな隙間より少しずつ雨水が侵入し、何年かは壁や天井などに小さなシミが出来るだけで生活に支障をきたす事がない為、修理をせずにそのまま放置される方が多いと思います。
雨漏りの厄介なところは、雨水が侵入したからといって、すぐに雨漏りが起こらない所です

住まいの裏側では、湿度が高い状態が続くと木造部分が腐食し、湿気を好むシロアリやカビが発生してしまうと住まいの耐久性がなくなり一気に寿命が短命になってしまいます😢

被害が進行してしまうと住まいだけではなく、今度は私たちの健康も奪ってしまいます。
カビが原因で、重度のアレルギー症状が出てしまう場合もあり一度、悪化させてしまうと症状が長引き、別の症状も引き起こしてしまう悪循環となります。
人も住まいも症状を長引かせないように、早めの対応であればすぐに治す事ができ費用も抑える事が出来ますね

弊社でも屋根・雨漏りの調査を行っています。事例をご紹介させて頂きます
2階天井から雨漏
こちらのお宅は、2階天井の一部が捲れて落ちてくる位の雨漏れが!
現場調査にお伺いした当日は雨が降っていなかったのですが、前日の雨の影響でポタポタと雨漏れが見受けられました。
天井裏 雨漏れ様子
こちらの画像が、天井裏の様子です。
雨水が侵入しひどい状態ですね
屋上床部分のシート防水の経年劣化が原因で防水層(雨漏り防止に施される設備)が切れていました。
コラム コケ
屋上床部分の画像です。
ドレン(雨水が流れる所)にコケが詰まって、これでは雨水が流れませんね
雨漏りを防ぐために点検後、防水工事をご提案させて頂きました。
換気扇付近 雨漏り状況
こちらのお宅は、2階角部屋の天井・換気扇廻りからの雨漏りが発生!
①は換気扇下部に雨ジミがあり、乾いて白華しています。
②雨水が流れたシミがはっきり残っています。
屋根隅棟状況
丸印箇所が、部屋内の雨漏りが確認され、新しい棟板を取付てビスでしっかりと固定致しました。
屋根棟板めくり後
棟板を捲ったアップの画像です。
ルーフィング(雨漏りを防いでくれるシート)が完全に破れています
お住まいで気になる所がございましたら、いつでもお問い合わせをお待ちしております。
工事に関するお問い合わせ:0120-04-9346