風水害の調査・応急処理の多忙な毎日が現在も続いています。


コロニアル棟飛散
5fc6d0716204d0017ed3dc22835e16e0-e1540201558985-columns2-overlay
大阪北部地震に始まり、春先から夏にかけての長雨・豪雨に続き夏から秋の度重なる台風直撃襲来で、屋根・外壁と付随する工作物に数多くの被害が出ました。
弊社でも、ご依頼の電話・メールも対応しきれずお伺いも出来ない状況で、調査・応急処理に日々追われています。
ご依頼の中でも堺区内のお客様での被害状況と応急処理について、今回はお伝えします。
多かった被害ては棟板金の飛散落下とコロニアルのメクレでした。(左写真)
瓦の飛来物やズレ落下での瓦の割れも各所から依頼が届きました。(右写真)
築年数がかなり経過した家屋は経年劣化も伴い、被害を受けていましたが、今回の度重なる台風では建物の立地条件と方角で、突風での被害が如実に見て取れました。
のし瓦飛散
波板飛散
次に数が大きかった被害が、のし瓦を始めとする瓦の落下・飛散(左写真)
ベランダ・テラスの波板メクレと飛散です。(右写真)
この被害も同一方向(風の通り道)に発生していました。
下り棟シート養生
S瓦屋根全面シート養生
調査にお伺いしましたら、屋根の破損により階下への雨漏りが発生しているお宅が多々有りました。
完全な修理復旧は出来ませんが、シートでの仮養生や瓦ズレ直し等、対応できる殊は調査時に施させて頂きました。
下り棟ののし・冠瓦の飛散・落下ヵ所ものし瓦を仮置き(シール点止め)してシートを被せました。(左写真)
屋根面全体に瓦の落下やズレが有るこのお宅では、棟から軒先迄前線シートで被いました。(右写真)
コロニアル飛散シート養生
棟片側屋根シート養生
度重なる台風の襲来で、突風により養生シートが再度メクレ上がるといった状態になり、21号台風後にシート養生させて頂いたお客様からも24号台風通過後に再びの養生依頼が舞い込みました。
当初は、土のう袋での重しやPP紐での結束でシートを固定し覆っていました。
スレート屋根では土のうと端部を木材を直接ビス止めしてシール処理を行いました。(上両写真)
瓦屋根は急勾配の場合が多く、シート頒布にトラロープで階下の固定物に緊結したり、土のうに砂を入れ瓦面になじむよう配慮しました。
まだまだ、調査にも伺えないお客様が多数いらして、私たちも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
壱日も早く通常の作業形態に戻り、各ご家庭の修理・補修での作業ができますよう今しばらく頑張ります。

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市中区で台風による笠木の飛散部分を改修復旧しました。

飛散部応急
笠木完了
工事内容
棟板金交換
火災保険
使用素材
GL鋼板
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万
施工事例

台風被害のベランダポリカ-張替えを堺市中区で行いました

飛散現況
施工完了
工事内容
屋根葺き直し
火災保険
使用素材
築年数
15年
建坪
保証
工事費用
約8万
施工事例

堺市中区にて、破風板の補修工事

破風板 割れ
破風板 タッチアップ
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存木下地 撤去

堺市北区にて、飛散してしまった棟板金の取り付け工事を行いました既存の木下地は飛散せずに残っていたのですが、経年劣化により木が痩せてしまい固定力が弱まっていましたので、既存の木下地は撤去し、新しい木下地を取り付けます