今年の冬は異常気象が続き雪害も発生しました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

和風屋根の積雪状況
洋風屋根の積雪状況
の便りで桜の開花も各地から聞かれる時候と成りましたが、のまえには必然との季節が存在します。
今冬は異常気象と言う言葉がぴったりで寒さが厳しく、雪の多いシーズンでした。
雪化粧は普段雪の降らない地域の人にとっては、美しさが先に立つ風景です。
写真のように和風家屋にも洋風家屋にも風情が有って物静かな景色に見えます。
水墨画の趣も感じられる風景が広がります。
ただ、積雪の少ない地域の方に雪が原因の事故が多いのをご存じでしょうか?
例えば、東京は5㎝の積雪でパニック状態ですし、年間ごくわずかな積雪地域が多雪により、屋根等から雪の落下による事故は、案外にも豪雪地帯より多いのです。
屋根下のカーポートや物置が落雪で被害が出る。落ちて積もった雪に足を取られて怪我や骨折する等も雪害ですね。
雪の落下を防ぐのに、積雪が少ない地方の屋根に、最近雪止めが設置されているのを時折見かけます。
雪止めの形状と効果を示してみます。
瓦棒屋根の雪止め
瓦棒屋根に設置された雪止めです。
雪溶けと落下に差をつけるようランダムに配置しています。
瓦の雪止め
瓦屋根の雪止めで、写真の様に部分的に雪は残りますが、雪の少ない地域では自然と雪が溶けて雨水となって流れていきます。
鋼板屋根の雪止め
こちらは鋼板や銅板の一文字葺き屋根に設置された意匠的な雪止めです。
多雪地域の屋根
多雪・豪雪地域は雪止めを設置していません。
多雪地帯は屋根を急勾配にし雪を留まらせない傾斜を取る。
豪雪地帯では雪おろし必須作業なので、掻き下ろす時作業の邪魔になったり、足を取られて逆に危険だからです。
雪おろしは大変な労力が掛かり、豪雪地域の方は毎年冬は雪で苦労されているようです。

雪は冬の風物詩でもありますが、今年の福井豪雪は記憶に新しく、道路の寸断や物流をはじめ社会の流れを止める事も発生します。sweat01

豪雪地域では、写真の説明のように、雪の量が多すぎる事・雪おろしの弊害になるといった理由で、雪止めを設置していない場合の方が多いです。

多雪地帯でも新築時に勾配設計したり、雪が落下しても大丈夫な形にして屋根に積もらない工夫を考えられる場合があります。

雪止めは一気に雪が落下しない為に設けるもので、今冬シーズンみたいな多雪が懸念される場合は雪の少ない地域でも、後付の雪止めを設置されるのが良い事かも知れませんねscissors

雪は屋根に積もると溶けるまで時間が掛かりますよねsnow それは屋根に水分を長時間に渡って溜めているのと同じことで、屋根部材への劣化を進めてしまいます。

金属製なら錆・表面塗装の劣化、スレートや瓦ならば凍害等雨漏りの原因を作りだします。

台風や豪雨も屋根・建物には要注意ですが、見た目の美しく風情のある雪も屋根に大きな影響を与える自然の現象でも有りますねsnow

春になり、雪が降る・積もるという感覚は薄れて行きますが、初秋にでも自宅の屋根を来たるべき冬のシーズンに先駆けて、雪止めや腐食状態を点検・確認されては如何でしょうか?