屋根の塗装について


屋根塗装 上塗り完了
何故屋根の塗装が必要なのか、もちろん見栄えをよくするということもあるのですが、塗装をすることで重要な目的は、塗膜の防水機能により、雨水の侵入を防ぎ建物を守るという役割があるのです。
屋根や外壁は、紫外線や雨風等の影響を常に受け続けていますのでやはり年数がたつと塗膜が劣化してしまい、防水機能がなくなってしまいますそういったことを防ぐために定期的に屋根や外壁を塗りなおさないといけないのです

屋根現況西面
しかし屋根の劣化を確認しようにもなかなか見て確認することはできないと思います。ご自身で屋根に登って確認するのは危険ですのでお勧めできません…
ですが、屋根は外壁よりも早く傷んでしまうといわれていますので、外壁などの劣化に気付いたら屋根も劣化している可能性が高いと思われますのでそういったことを目安にするのもいいかもしれませんね
上記の写真のルーフデッキでしたら劣化していくと塗膜がなくなり、錆が出て浮いてきてしまいます。そして穴が空いてしまい雨漏れが発生してしまうということになりかねません
屋根塗装 高圧洗浄後
上記の写真のコロニアルでしたら劣化してしまうと、塗膜がなくなり風化していき砂状になってしまいます。そして雨水の流れが悪くなり、雨水が溜まりやすくなり、屋根が割れてしまい雨漏れが発生してしまうかもしれません
一般的にですが、築10年~15年ほど経つと塗膜は劣化するといわれています。防水機能を失い雨水などが建物の内部に侵入するなどして、建物の寿命にも関わってきます
建物、お住まいを守るため、長持ちさせるためには定期的に塗装をされることをおすすめ致します
屋根 上塗り完了
カラーベスト、コロニアル、折板屋根(ルーフデッキ)など、屋根にもいろいろな種類があります。笠木部分なども塗装が必要な時もあります。塗装にも色々な工程がありますので、機会があれば屋根の種類による塗装の工程についてなど、記載していきたいと思っています