昨年の地震風水災害がまだまだ対応出来ず処理できていません


修理や点検依頼が殺到しました。

41c424bfb4be4635623ed8171d1ded60-1-columns2-overlay
屋根波板撤去完了
昨年は一年を通して、雪害・地震・台風と天災が近畿地方を襲い屋根を始めとして多くの被害が出ました。
特に大阪北部地震から西日本豪雨や度重なる台風の襲来と共に秋の長雨で、修理の依頼が殺到しました。

地震や台風での突風によって、瓦の落下や飛散 ベランダやテラスのポリカ-平板屋根・波板屋根の飛散と破損が見受けられました。
飛来物によって、外壁や窓硝子にも被害を受けられた建物も数多く見掛けました。

弊社も700件を超える問い合わせが、殺到し社員総出で対応していますが年が改まってもまだまだ追いつかない状態です。

お客さまからの要望

防災コラム③
修理にお伺いした時に、まず風水害や地震保険には加入されておられますか?とお伺いします。
地震と台風直後は、お客様も確認されておられ無い方が多かったのですが、時間が経つにつれてお客様から保険適用でと申し出られる場合が多くなりました。

せっかく高額な保険掛け金を出されているのですから、保険で補填されるのが自己資金の目減りを防ぎ、建物の安全性がもどってくるのでぜひご活用とご確認を


瓦撤去後雨養生
簡易な修理も処理出来ない状態が続いている現在ですが、被害の甚大なお客様や、雨漏りが発生しているお家ではシート養生だけでもと依頼されます。

被害状況がまちまちで、養生材の選択と養生範囲の決定も難しい場合が多くて、大屋根への作業ですとスライダー梯子を用いますので、2名の作業員が必要となります。

便乗商法にご注意を

飛散棟シート養生
下り棟シート養生
下屋平瓦部養生
お客様からの要望で述べましたが、シート等での簡易養生だけでもとの申し出が未だに寄せられます。

でも、注意して下さい
不幸に付け込む便乗商法が横行しています。

上記の写真は弊社での簡易養生で、雨漏り発生部分や屋根材の欠落で今後漏水が発生する可能性を回避する養生作業です。
基本的に点検調査に併せて養生施工しますが、今後の工事発注を頂けるお客様からは作業費用を頂いておりません。

シート一枚(薄手のシート等で)掛けただけで数万円の費用を徴収したり、点検費用のみ求めたり、過大な修繕が必要と説明したりとこの時とばかりに現れる悪徳業者には十分注意して下さい。

弊社の反省点とこれから

横行する便乗商法を防ぐためにも、多数のお客様に対応して補修修理をするのがベストでは有りますが、
①地震と台風での被害家屋とご依頼の数を安易に少なく予想してしまった点 
②発生直後にご依頼されるお客様全てに対応しようとしてしまった事
③資材(瓦・ポリカ-・樋等)や養生シート類の激減を予測できなかった事
④同様に、作業員の減少に伴い作業日程が見込めなかった点

以上の要点からお客様をお待たせしてご迷惑をお掛けしてしまいました。

少ないメンバー(社員)とブレーン(協力業社)では有りますが、今後も精一杯頑張りお客様のご要望にお応えしようと考えています。