折板屋根(ルーフデッキ)の塗装について

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根現況西面
折板屋根(ルーフデッキ)とは主に工場やカーポート、車庫など鉄骨の建物によく使用されている屋根になります。
こちらの写真のような折板屋根でしたら劣化してしまいますと塗膜がなくなってしまいます。塗膜がなくなるとサビが浮いてきてしまい、いずれ穴が空き雨漏れが発生してしまう可能性があります
定期的に塗装をすることによって、塗膜の防水機能によりサビの発生や雨水の侵入を防ぎ、建物を守るという効果がありますので、定期的に塗装をすることはとても大事なことなのです
ケレン・清掃
塗装工事の着手するにあたりましてまず、ジョイント部分の既設コーキングや防水テープを除去しています。
こういったものを放置したままで塗装をしますと、劣化を見過ごし雨漏れの原因を作ってしまいます
ケレン作業
塗料が乗りやすいようにケレン清掃(サビや汚れ、ホコリなどを取り除く作業)を行います。
ケレン後にサンドペーパーで全面を更に円滑にします。
こういった下地処理作業も塗装をするうえで重要な工程になります
錆止め塗状況
塗料を塗っていくにあたりまして、まずは下塗り(サビ止め)からおこないます。
下塗りを行うことで素材との付着力を高め、丈夫な塗膜とすることが出来ます。
下塗りの工程がないと中塗り、上塗りの塗膜がきちんと定着しないのでとても大切な作業なのです
中塗塗装
下塗り(サビ止め)が終わりましたら次に中塗りを行います。
中塗りとは、下塗りと上塗りの間に塗り付ける層のことをいいます。
中塗りをすることで塗膜に厚みを持たせ、塗料の寿命を長持ちさせる効果があります
上塗
中塗りが終わりましたら次に上塗りを行います。
最終工程なので、中塗り時に塗り切れなかったムラなどの取り残しをカバーするように丁寧に仕上げていきます
完了
屋根の塗装工事を行うにあたりまして、ケレン清掃、下塗り(サビ止め)、中塗り、上塗りの工程をすることによって頑丈な塗膜、より美しい屋根に生まれ変わるのです
塗装工事を定期的にするかしないかでは建物自体の寿命にも関わってきます。建物やお住まいを守るためにも塗装工事を行うことはとても大事なことなので、定期的に塗装工事を行うことをお勧めいたします