雨の浸入を防ぐ、実は重要なルーフィング(防水シート)について

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ルーフィングの重要性 コラム
みなさん・・・ルーフィング(防水シート)ってご存知でしょうか
初めて耳にされる方も多いと思います。
まず、ルーフィングとは屋根材(瓦・野地板)の下に敷く雨水のしんにゅう浸入を防ぐ為の防水シートの事です

屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)が屋根材の隙間から浸入した雨を防いでくれているのです
普段は、屋根材の下に隠れているので、お目にかかる事がありません。
劣化や破れに気づく事になるのは・・多くは・・あの・・やっかいな雨漏りで気づく事になるのです

お客様からのお問い合わせで、やはり一番多いのが【雨漏り】関係のお問い合わせです
雨漏りの原因を特定するのは大変、難しい事ですが屋根材(瓦など)だけとは限らず調査を進めていくと、ルーフィングの劣化が原因だった!!というケースも珍しくはありません。
瓦などの屋根材は、滑り台の様に雨を流す役目でしかありません。隙間からの雨の侵入を防ぐことが出来ません
ルーフィングがなければ、下地(野地板)に雨が染み込みやがて、住いの屋根裏,天井へ雨漏りの滴やシミとなって変化し私たちの前に現れてきてしまいます😢

ルーフィングは、雨から私たちの住まいを守ってくれる最後の砦みたいなものですね
私も建築業の仕事に携わるまでは、ルーフィングすら聞いたことがなく、恥ずかしながら日常の雨から屋根を守っているのは、屋根材(瓦・スレート・銅板、鋼板)だと思っていました
しかし、雨からの侵入をブロックしてくれていた救世主は、ルーフィング(防水シート)なのです
みなさんもご存知のことわざで『縁の下の力持ち』と言うことわざがございます。
このことわざをお借りすると、ルーフィングの役割は『屋根の下の力持ち』と言えるでしょう😊😊

それでは、屋根の構造とルーフィングの種類を施工手順画像も含めてご説明させて頂きます

🏠屋根の構造

防水シート コラム
屋根の構造は、1番下から垂木』『野地板ルーフィン』の3つの部材の上に、私たちが目にする『瓦・屋根材』の4層の構造になっています。

★垂木(たるき・骨組み)
屋根の形を作る。野地板と呼ばれています屋根下地を止める為の部材。

★野地板(のじいた・下地)
垂木の上に設置する板。ルーフィングや瓦などの屋根材を乗せる下地となります。

★ルーフィング(防水層)
雨の侵入を防ぐ防水機能をもったシート。

★瓦・スレートなど(屋根材)
屋根を作る上で使用する建材。

🔨ルーフィングの種類

『アスファルトルーフィング』

・一般的なルーフィングになります。
・名前の通り道路のアスファルトと同じ成分で作られ、原紙と呼ばれているフェルト状のシートにアスファルトを染み込ませ  て作られています。

『改質アスファルト(ゴムアス)ルーフィング』

・アスファルトルーフィングに合成ゴム,樹脂を混ぜたもの。
・アスファルトルーフィングの弱点を改良した建材で、温度変化並びに伸びや曲げに強く防水性が高い。
・最近は導入している住宅が多く見受けられます。

※こちらのルーフィングには、本体に粘着式のタイプのものがありタッカー(ホッチキス)留めが不要となりますので、より防水性を高めることができるタイプもございます。

屋根工事・ルーフィング~屋根材装着の工程です。

野地板 コラム
①こちらの画像が、垂木の上に設置する野地板になります。
ルーフィング装着 コラム
②そしてこちらが、野地板の上に敷いたルーフィングになります。

屋根材装着 コラム
③ルーフィングの上に、屋是材を設置しているがぞうになります。
ルーフィングは防水面で重要な働きをしています
屋根の構造が層となっている為、普段、目にする事が出来ないので老朽化の様子が見えないのが残念な所です
ルーフィングは屋根材を全て剥がして新しいものを敷く為、費用面でも損をしないように屋根の葺き替えやカバー工法と同時期に、ルーフィングの交換もおすすめ致します
お問い合わせやお見積りのご相談等がございましたら、お気軽にご連絡を下さいませ。

お問い合わせ先は・・・街の屋根やさん・堺店⇒0120-04-9346