ポリカーボネート波板について

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

波板 完了全景
最近ではベランダやカーポートなどによく使われているポリカーボネート波板ですが、特徴としましては、衝撃に強くガラスと同等の透明性もあるところです。
後、加工が容易に出来るという点もあります。(曲げ・穴あけ・切断など)
ポリカーボネートの材質はプラスチックの一種です。プラスチックの中では最高の耐衝撃性を誇ります。
建築材料の他にも家電製品やサングラスや眼鏡など、さらには警察や特殊部隊が使用する防具等にも使われているみたいです。頑丈性はかなりのものですね!!
現地調査、K様の家、全体写真
ポリカーボネート波板には欠点もあります。
傷がつきやすく、高温、高湿度の影響で変色したり劣化しやすいところもあります。
波板の耐久年数ですが、メーカーの資料で3年・5~7年・7~10年のものがあります。
耐久年数は長いにこしたことはありませんよね。
波板飛散
波板の固定方法ですが、骨組みにフックを引っ掛けて固定します。
写真の赤く囲っている部分の白い物が波板を固定しているフックです。
ポリカ波板 張り替え済み
フックの位置ですが、基本的には波板の山、5山程度の間隔で穴をあけてそこにフックを通して回転させて骨組みに引っ掛けて固定します。
波板割れ
本来頑丈なポリカーボネート波板なのですが、台風などの強風による影響でわれてしまったり、波板を固定しているフックが外れて波板自体が飛んで行ってしまうことも少なくありません…。
波板 めくれ部分
こちらの写真では軒先部(屋根の先端)のフックが外れてしまい、波板が浮き上がっています。
このまま放置しておくと波板自体が飛散してしまいます。
波板が少し割れていたり、浮き上がっていたら放置せずに、補修、又は波板の張り替えをすることをお勧めいたします!
ポリカーボネート波板は欠点(高温、高湿度の影響下に弱い、傷がつきやすい等)もありますが、安価で耐久年数が高く、耐衝撃性も強いのでベランダやカーポートの屋根に使用するにはやはりポリカーボネート波板をおすすめいたします!!

こちらの記事に関するお問い合わせ:0120-04-9346