コロニアル、カラーベストの屋根の塗装について

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

カラーベスト 屋根
まだまだ屋根の塗り替え、塗装工事をしなくても大丈夫だと思い先延ばしにしている方も少なくないと思います。ですが、一般的には築10年~15年ほどで塗膜は劣化するといわれていますので、そのぐらいの時期で塗り替えのご検討をなされたほうがいいと思います
上記の写真のコロニアル、カラーベストの屋根でしたら劣化して塗膜がなくなってしまいますと、風化していき砂状になってしまいます。そして雨水の流れが悪くなり、雨水が屋根に溜まりやすくなり、いずれ屋根が割れてしまいます。そして、雨漏れが発生してしまうかもしれません
屋根の塗装をすることによって、塗膜の防水機能により屋根の割れを防ぎ、雨漏れの発生を防ぐなど建物を守るという効果がありますので、定期的に塗装をすることはとても大事なことなのです
屋根塗装 高圧洗浄
塗装工事に着工するにあたりまして、まず、施工をしやすい状態にするため高圧洗浄で長年の屋根の汚れを取り除きます。高圧洗浄をおこなうことにより、塗料の付着が良くなり塗料が捲れにくくなります
屋根 金属部 錆止め
こちらは棟板金の下塗り(サビ止め)をしている状況の写真になります
屋根 金属部 錆止め完了
棟の部分も下塗りをしておかないと、サビてしまい雨漏れの原因になってしまうかもしれませんので、棟の部分もしっかりと下塗りをしていきます
屋根 下塗り状況
塗料を塗っていくにあたりまして、まずは下塗り(サビ止め)からおこないます。
下塗りを行うことで素材との付着力を高め、丈夫な塗膜とすることが出来ます。
下塗りの工程がないと中塗り、上塗りの塗膜がきちんと定着しないのでとても大切な作業なのです
屋根 中塗り状況
下塗り(サビ止め)が終わりましたら次に中塗りを行います。
中塗りとは、下塗りと上塗りの間に塗り付ける層のことをいいます。
中塗りをすることで塗膜に厚みを持たせ、塗料の寿命を長持ちさせる効果があります
屋根 上塗り状況
中塗りが終わりましたら次に上塗りを行います。
最終工程なので、中塗り時に塗り切れなかったムラなどの取り残しをカバーするように丁寧に仕上げていきます
屋根 上塗り完了
コロニアル、カラーベストの屋根は塗膜が劣化してしまうと割れてしまいやすく、割れてしまうと雨漏りにつながる可能性があります。建物、お住まいの寿命にも関わってきますので、やはり定期的に塗装工事を行われることをお勧めいたします
もし、屋根の塗装工事をしようか悩んでいる方がおられましたら、ご自身で屋根に登りチェックをされるのは大変危険ですのでお勧めはできません
専門の業者などに屋根の状態を見ていただくことだけでもご検討なされてはいかがでしょうか
もちろん弊社のほうでもご相談承りますので、お気軽にご連絡してくださいね

お問い合わせ:0120-04-9346