簡単に解消すると思う屋根・樋の自己補修には危険がいっぱい


これくらい自分でが危ないです。

先般の大阪北部地震や梅雨を初めとして季節ごとの強雨や暴風、これからの台風シーズンに雨漏りや屋根材や樋の落下などの被害を避けるべく、見た目で簡単にと思う補修や修理も実際は危険が一杯潜んでいます。
安易な補修・修理が不具合を招き更なる被害を発生しかねません。
地上以外の作業は自分の身長を倍にした高さの違いが屋根上・庇や作業での脚立等では生じます。
当然足元も不安定ですし、専門業者と違い技術や知識の不足それに道具も違います。
最近はホームセンターでも専門・必要材料等が揃いますので、得意な方や器用な方はご自身で修理されている場合が多く見られます。



のし・棟現状
棟板めくれ状況
サッシ廻りコーキング
のし瓦・軒先瓦のズレや落下それと漆喰のハガレ欠落等を発見されると、安易に自分で補修できるのでは?と言う考えが浮かぶ場合もあると思います(写真左)
棟押えの金物がメクレているだけで簡単に釘やビスで補修できるのでは?と考えるかも(中央写真)
サッシ廻りや外壁のコーキングが切れて隙間が発生しているので、シール処理補修は簡単だ!と思いがちです。(写真右)

瓦のズレ補修
下地や葺き土の判断が必要瓦のサイズも色々有ります。
漆喰の補修
水の流れに沿った塗込みと過度や過少な厚みは逆効果
棟押えの補修
金物の曲りや歪みは補修しづらいし下地の点検も必要
コーキングの補修
旧シールの除去と密着が必要、目に付く部分で仕上がりも大事です。
上記に示したように、職人の熟練度には勝てません
又、先程も述べましたが高所・不安定な態勢での作業となります。
価格の面で業者への依頼を控えてしまう事が有りますが、安易な補修は手順を逸脱する事も有ります。
屋根上に一度でも登られた方は、屋根・庇の勾配や高さに想像以上に怖さを感じられたと思います。
点検は地上からに留めて、屋根上や樋の補修交換は専門業者に任せられるのが賢明と考えます。
今夏の猛暑で、冷房を使わず電気代を節約するより命を大切に良く言われていますが、屋根などの補修・点検も一つ間違えば大きな怪我に至りますので、命を守る家屋も専門家にまかせては如何でしょうか。