花粉の飛散時期に屋根塗装工事は大丈夫?塗装時期の目安は?


花粉時期の塗装工事
2月下旬頃からテレビを見ていると、花粉対策などの番組をよく見かけるようになりました
花粉に加えて黄砂やPM2.5の影響で花粉症ではなかった人も、花粉症デビューが多くなってきているようですね
とある番組の【花粉症を軽減する対策】で『当たり前の花粉対策を徹底的に行う』とのタイトルに興味をそそられ、見入ってしまいました
当たり前の花粉対策を徹底的に行った結果、重度の花粉症で悩まれていた主婦の方が劇的に症状が改善されていました
実践されていた『当たり前の花粉症対策を徹底的に行う』3か条とは。。。

1.花粉を持ち込まない⇒玄関先で花粉を払う

★花粉対策用のマスクを選ぶ⇒一般的なマスクより花粉対策用マスクを使用すると半分ほど軽減される
★コートやアウターにはポリエステル系⇒ウールなどは花粉が付きやすく、ポリエステル花粉が付きに
くく払う際も落としやすい。

2.花粉を排除する

★手洗い・うがい・鼻うがい
帰宅時は手洗い,うがいは勿論、生理食塩水と専用器具を使用した鼻うがいをすると鼻,喉がスッキリします
鼻うがいキットはドラックストアで販売されています。

3.花粉をまき散らさない

★部屋干し⇒花粉シーズンは布団や洗濯物は部屋干しにします。
        外干しは飛散が少ない深夜から午前中の早い時間まではOKです。
★床は濡れ雑巾で拭く⇒フローリングの床に掃除機をかけるとホコリと一緒に花粉がまって舞って逆効果
           濡れ雑巾で拭いてから控え目に掃除機をかける。
 ★空気清浄機は空気の通りやすい場所に置き、湿度は60%に保つ
※花粉症に悩まされている方、ご家族に花粉症がいらっしゃる主婦・主夫のみなさま、一度、実践してみて下さいね

テレビを見ながら当たり前の事を徹底的に行うって・・・
私共の仕事にも当てはまり、お問い合わせを頂いたお客様に安心して生活が出来るように携わる仕事です・・
しっかり調査を行い⇒お客様に詳細を分かり易く説明⇒工事着工・完工⇒お客様を笑顔に

さて、先日お客様よりこのようなお問い合わせがありました

『花粉の多い今の時期に、屋根の塗装工事をしても大丈夫ですか?』

『はい、大丈夫です!』

塗装工事 コラム画像
花粉以外に黄砂やPM2.5の飛散状況を聞くと、問題はないかな?って多くの方が疑問に思われますよね

屋根に限らず外壁塗装工事を着工する場合には必ず、家の周りを飛散防止・メッシュシートなど塗料が飛び散らないための保護シートをかけます。
右の画像は保護シートをかけている現場です

保護シートは、外部からの汚れやホコリなどを防いでくれますので、同様に花粉にも効果が見られます。
完全とまではいかないですが、ある程度は防いでくれます
お気にされる方もいらっしゃると思います。
その場合は、少し時期をずらして梅雨入り前の塗装をおすすめ致します
昨今は、異常気象により工事の工程に変更を余儀なくされる場合もございますが・・・
あくまでも目安ではございますが、塗装に適した時期を表にまとめてみました
ご参考に頂ければと思います


時期 塗装最適指数 備考
1~2月 😊 日照時間が短くまた気温も低い為、塗料の乾燥に時間がかかる
3~5月 😊😊😊😊 花粉が多く飛散する時期ですが、保護シートでカバー出来る為、問題はないと言えるでしょう。気温的にも塗装には良い時期。
6~7月 😢😢😢😢😢 梅雨で雨が多くなり、塗料を乾燥させないといけないが雨で流れてしまったり、工事が進まない。
8月 😊😊 最適の時期に備え、業者探しの時期にしてみては!
9~11月 😊😊😊😊😊 気温、気候ともに安定する時期で最適な時期です!
12月 😊 年末に向けて駆け込み需要が多く、業者の人材不足も・・
弊社では『屋根・外壁塗装工事』を承っております。
 工事をお考えの皆様・・いつでもお問い合わせのご連絡を心よりお待ちしております

この工事のお問い合わせは・・0120-04-9346