少しの工夫で暖かな住まいに大変身♪簡単に出来る冬支度って??

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

冬支度コラム①

冬支度コラム②

少し前までは、酷暑や台風のワードをよく聞いていたかと思えば、紅葉や年賀はがきなど・・・平成最後の〇〇などと言ったワードにも変化が。。。

温度差も激しくなり、アレルギー性鼻炎や花粉症に悩まされている皆さんも多いのではないでしょか😷

いよいよ『冬本番』を迎えます

『世界で最も幸せな国』にランクインされる、『デンマーク』の言葉で・・・
『ヒュッゲ』という言葉をお聞きになった事はありますでしょうか??
欧米では、『ヒュッゲ』を生活に取り入れるのがブームになっているそうです

デンマークでは、大変、馴染みのある言葉で『居心地のいい空間』という意味をもち・・・
暖かな家にこもり、大切な家族や大好きな友達みんなで、暖炉を囲みながら団欒して過ごす事を『ヒュッゲ』と言うそうです🌠
忙しい日本人とは違い、家族のぬくもりが伝わって来そうですね👪

しかし、寒さが厳しい冬・・・外から帰って来た時に、家の中が冷え冷えしてブルっと震えた経験をお持ちの皆さんは多いかと思います:;(∩´﹏`∩);:

室内が寒いと、出るのがイヤみたいに、こたつから出れずに動くことが億劫になってしまいますよね
気密性が高く暖かさがキープできるお家は問題ありませんが・・
現実は、中々うまくはいかないものです

少しずつ冬の足音👣が近づいてきましが『ヒュッゲ』の考えをこの冬、取り入れて暖かな家でゆっくり過ごしたいですよね

そんな時に簡単で身近にでき、『ヒュッゲ』が楽しめる暖かいお家にする為の工夫を一緒に見て行きましょう


まずは、カーテンの生地選びの工夫から始めましょう☝

ヒュッゲコラム①
まずは、『カーテン』に着目しましょう

冬は外気の冷気が窓を通じ室内へと侵入し、室内の温度が下がってしまします🌡
寒さを防ぐポイントは、窓との間に空気層を作る事なので、生地は厚手や2重の生地のカーテンは、冷気を遮断する役割があります

カーテンの折り返し部分が深いものを選択すると、折り返しの谷間に空気層が出来て遮断効果が期待できますよ
アクリル繊維は高い保温効果が期待できます
燃えやすいので暖房器具設置などは注意が必要です

冬は暖色系(黄色・赤etc)が体感温度が上がると言われています。
カーテン選びで部屋の保湿効果UPを狙いましょう

床には絨毯や断熱シートを敷いてみましょう☝

ヒュッゲコラム②
次は、『床』に着目しましょう

暖気が逃げていく場所として見落としがちな『床』
絨毯やカーペットを敷き➔床から熱が放出されるのを防ぐ様にしましょう

絨毯などを敷いている皆さんは、『アルミ断熱シート』を絨毯と床の間に敷くと、暖かさを感じることができおススメですよ
100円ショップでも手軽に購入ができますので、取り入れやすいのでは、ないでしょうか
手軽な床の断熱リフォーム💭

床の断熱性能を上げる為に、床下に潜り断熱材をはめ込む、もしくは、吹き付けるだけの手軽なリフォームもあります
工事日数も約1~2日で完成します。
フローリングを二重張りにしただけで、寒さが和らいだお家もありますので、お試し下さいませ

サーキュレーターで室内温度を均一にしましょう☝

ヒュッゲコラム③
次は、『サーキュレーター』に着目しましょう

冷たい空気は比重が重く足元に溜まりやすく、『底冷え』という言葉を耳にしますよね
暖房器具の近くは暖かく、少し離れるとブルっと身震い何て事ありませんか

そんな時は、暖気を室内に循環させる『サーキュレーター』を利用してみてはいかがでしょうか
送風のポイントは、下から上へと風を送る事です

下に溜まった冷気を上へ、暖気を下へ循環させる事が出来ます

こまめに・・・暖房器具のフィルターを掃除しましょう☝

ヒュッゲコラム③
次は、『エアコン掃除』に着目しましょう

忘れがちなのが・・エアコンの掃除です

フィルターが、ホコリやゴミで汚れてしまったままだと、エアコン本来の機能が発揮されず、温度調節の効率も下がってしまいます

掃除を怠ってしまうと、内部にカビが生え、私たちの体にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります

フィルターを取出して、掃除機をかけるだけで簡単に掃除ができ、いつもの設定温度でより暖かく感じ、電気代の節約にもなりますね
ヒュッゲコラム④

ヒュッゲコラム⑤

今年の冬は『暖冬』と言われていますが、やはり、外気の空気が冷たくなると、暖かくまったり過ごしたいものです🍊

快適な暖かさは『室温』だけではなく『体感温度』にも関わってきます
『体感温度』は、湿度・衣類・インテリアなどに影響されやすく、見直す事でより暖かく過ごす事が出来ます

また、一日の疲れを癒す『お風呂』の温度設定も42度以上の熱いお湯は、表面が熱くなるだけで体の芯までは温まりません
38~40度のお湯では『リラックス効果』があり体全体を温め、快眠にも繋がります🛀

今年の冬は、身近なものの工夫でエコで楽しく過ごしてみませんか👪