風水害被害の調査点検や応急処置の依頼に追いつきません・・・

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根瓦ズレ
棟瓦の被害
防災の日 コラム③
今年の異常気象は、屋根関連の業者にとっては思いがけない多忙な毎日の繰り返しです。
特に大阪北部地震に始まる今夏から秋の度重なる台風襲来で、屋根関連の被害が続出して調査点検・応急処理の依頼が絶え間が有りません。
上記3枚の写真は地震と台風での、のし瓦や平瓦のズレと飛散の状況です。
瓦屋根はのし・ケラバ・平・鬼・巴と風や揺れの状態で同一方向に被害が現れます。
破損が大きい場合は、点検や応急処置(シート掛け等)も危険性が大きくままならない場合が有り、お客様にも同対処して良いか現地で悩む場合が、今回は数多く有ります。


波板 割れ
飛散状況
IMG_4150_R-1-columns3-overlay
ベランダ・カーポートの屋根(エスロンやポリカーの波板及び平板)飛散ゆ破損も今回の被害でのウェートは高かったです。
上記の写真はめくれ・ハガレの落下状況ですが、場所によっては瓦や鉄板の飛散で破損したりして修理が必要な事例も多数有りました。
波板はフック止め、平板は金物押えですが、経年劣化でフックやビスの耐久力が無くなっていたり、台風の強風で止め部分が耐え切れず被害を生んでいました。
元々空からの雨を防ぐ目的ですので、横風や突風での支持力には限度があります。
一次はポリカーの波板が欠品状態で、品薄は現在も見られます。
屋根棟板めくり状況
大屋根全景
823a2a977002e9bfb2f142036928e327-columns3-overlay
カラーベストの屋根に多く見受けられた被害は棟押え板金の飛散落下でした。
同一方向にめくれて落下飛散している場合が多く見られました。
鋼板を繋ぎ併せて被せて行く工法ですので、一部がはがれると次々に被害が拡大して行きます。
下地板と止め釘やビスの接合がれっかして強度不足も原因です。
その他、樋関係(軒・竪・呼び・上合)も物の飛散で割れたり支持金物から外れたりと屋根に付随して被害が見られました。
私たち業者も日々お客様にお応えできるようと思っていますが、数があまりにも多いのと、材料・職人の不足で対応しきれていないのが現状です。
被害に遭われた方々の壱日も早い復旧をお祈りすると共に、私たちも頑張ります。