雨漏れの発生原因や雨漏れを放置してしまった時の問題点

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

天井裏雨漏り コラム
台風やゲリラ豪雨など、強い雨風に見舞われた日の翌日などに雨漏れが発生しているという連絡をたくさんいただきます。
雨漏れが発生してしまうと大変困りますよね
雨漏れをしている箇所の真下にバケツなどを置くなどするとその場しのぎにはなります。雨が止み、晴れ間が差すといずれ雨漏れも収まると思います。ですが雨漏れは自然に直るということはないのです!!
雨漏れを放置しておくと、シミ、カビの発生。鉄骨造の場合だと、骨組みがサビで脆くなる可能性もあります。木造の場合だと、雨水の侵入により木材が濡れます。放置しておくといずれは乾きますが再度雨水が侵入するとまた木材が濡れて乾いてを繰り返してしまいます。そうすることによって木材が腐ってしまう、痩せてしまうということになりかねません。シロアリの発生原因にもなります…
そして雨漏れの一番恐ろしい被害は、雨水が天井裏などからブレーカーに流れていってしまい漏電をおこしてしまうことです!最悪の場合、火災が発生してしまうこともあります。
雨漏れが発生したら放置をせずに、すぐに対策をされることをお勧めいたします


屋根スレート割れ-コラム
スレート屋根のひび割れです。
小さなひび割れも、そのままにしておくとひび割れがひどくなり雨漏りの原因になってしまいます。
屋根接点-隙間
こちらの写真は、屋根破風板とスレート屋根との隙間が大きく空いてます。台風等の吹き降りではここから雨水がたくさん入ってしまい、雨漏れが発生してしまう原因になります。
下屋 壁 取り合い
屋根と壁との取り合い部分のルーフィング(屋根葺き下地などに用いる防水材、防水シート)がしっかり立ち上がっていなくて、取り合い部分の隙間から横雨が入り込み雨漏れが発生してしまうという例もありました。
屋上にてドレンが詰まり水溜まり発生
こちらの屋根はドレン(雨水が流れる所)の部分がコケで詰まっており、雨水が流れない状況です。
シート防水も約30年経過しており経年劣化が原因で防水層が切れていて雨漏れが発生しておりました。
現地調査 谷樋
こちらの屋根は雨天時には屋根三面から谷樋に流れ込むタイプの屋根の形状となっています。
この状況では枯葉が詰まったり、ゲリラ豪雨があると雨漏れが発生してしまうのが見てとれます。
カラーネスト屋根材の割れ
こちらはカラーベスト(屋根材)が老朽化し、割れています。
こういったことが発生すると横降りの雨などですぐに雨漏れが発生します。

このように雨漏れが発生する原因は多々あります。

もし、雨漏れが発生してしまったら、雨漏りの発生原因により工法は変わってきますので、専門の業者さんに一度ご相談されることをお勧めいたします。

もちろん弊社のほうでもご連絡お待ちしていますので、お気軽に連絡、ご相談してきてくださいねsmile

 

こちらの記事に関するお問い合わせ:0120-04-9346