松原市で3階建て工場の防水下地と樋・屋根板金を改修


屋根水切り金物樋現況
松原市にて3階建て工場の屋根小口軒先包み板金の現状です。
腐食が激しく、脱落している部分が現認出来ます。
このままでは、屋根本体にも建物壁にも影響し内部への雨漏れの原因となります。
現状寸法を確認採寸してガルバ鋼板で加工製作し取替える事になりました。
現在の受け金物不良の軒樋
改修取付後の様子です。
既存の軒先包み板金を撤去して、一部表層板金と共に錆発生の、下地補修と補強を施し取付しました。
これで室内への漏水や屋根のメクレ・腐食の心配が無くなりました。
DSCN7796_R-columns2-overlay
ルーフデッキ屋根の軒樋金物の経年劣化により、樋がずり落ち逆勾配になり雨水を吸収しきれず、オーバーブローして溢れている状態でした。
樋自体の割れは現認されなかったので、吊金具を点検補強して改修します。

DSCN8236_R-1-columns2-overlay
ルーフデッキ屋根よりの吊金具を再固定し、軒樋勾配を是正しました。
吊金具補修では現状是正のみなので、軒樋下にLアングルで再度受け直し、樋受け金物の強度を増して、集水桝と竪樋で屋根雨水のオーバーブロー防止を施しました。
脱気等取付
屋上をシート防水で改修しますので、脱気筒を取り付けます。
脱気筒はシートで躯体(この場合屋上スラブ床)を密閉しますが、シートと躯体の間に空気層が生じる場合があり、表層シートが膨らんで今後の漏水に繋がりかねませんので、懸念回避の為に脱気筒を設け内部の空気層解消を行います。
脱気筒下地と取付
脱気筒設置部の詳細状況です。
設置して下地メッシュ重ね貼りを行います。
内部に滞留した空気を脱気筒で逃がすので、重要な部分で新調にかつ確実に設置します。
屋上床面のシート防水を施工して、工事は完了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アクリル波板 破損

河内長野市に強風の影響によりベランダの波板が破損、飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました現況を拝見しましたところ、波板が激しく破損、飛散してしまっていますこのままの状態ですと急な雨が降ってきたらと考えると洗濯物を安心して干せません...........

屋根塗装完了

和泉市より台風直後の板金補修に続いて、経年劣化が懸念される屋根と外壁の塗装工事を発注頂き、屋根塗装に続いて外壁の塗装工事に取り掛かりました。左写真が、台風直後の棟板金改修後の状況です。右の写真が馬琴改修後の屋根を水系ナノシリコン塗料での塗装...........

漆喰 現調

堺市南区のお宅で漆喰の剥がれと、瓦のズレ破損の調査に伺いましたお宅にお邪魔してお話を聞くと『台風の被害を受けるとは思っていなかった!屋根なんて登って見たりなんてしないし、気づいた時にはこんな状態で・・・』とのことでした屋根瓦は高所にあるので...........