オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

今年の冬は異常気象が続き雪害も発生しました。

雪は冬の風物詩でもありますが、今年の福井豪雪は記憶に新しく、道路の寸断や物流をはじめ社会の流れを止める事も発生します。sweat01 豪雪地域では、写真の説明のように、雪の量が多すぎる事・雪おろしの弊害になるといった理由で、雪止めを設置していない場合の方が多いです。 多雪地帯でも新築時に勾配設計したり、雪が落下しても大丈夫な形にして屋根に積もらない工夫を考えられる場合があります。 雪止めは一気に雪が落下しない為に設けるもので、今冬シーズンみたいな多雪が懸念される場合は雪の少ない地域でも、後付の雪止めを設置されるのが良い事かも知れませんねscissors 雪は屋根に積もると溶けるまで時間が掛かりますよねsnow それは屋根に水分を長時間に渡って溜めているのと同じことで、屋根部材への劣化を進めてしまいます。 金属製なら錆・表面塗装の劣化、スレートや瓦ならば凍害等雨漏りの原因を作りだします。 台風や豪雨も屋根・建物には要注意ですが、見た目の美しく風情のある雪も屋根に大きな影響を与える自然の現象でも有りますねsnow 春になり、雪が降る・積もるという感覚は薄れて行きますが、初秋にでも自宅の屋根を来たるべき冬のシーズンに先駆けて、雪止めや腐食状態を点検・確認されては如何でしょうか?  
  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!
0120-04-9346