「外壁通気工法」は維持したままリフォームしていただけるのでしょうか?


  • 屋根・外壁塗装
 家を建てた当時、外壁には「外壁通気工法」といった工法が施されていると聞いていました。今回外壁をリフォームする際、「外壁通気工法」は維持したままリフォームしていただけるのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
 ご質問有難うございます。

 まず、外壁通気工法とは、外壁材の裏側に通気層を設け、土台まわりから入った空気を、外壁材の裏側を通して軒裏や小屋の換気棟などから抜く工法を言います。空気は、温まると水分が減り軽くなり上へと登る性質が有ります。その性質を利用して外壁の裏側に空気の流れを作っています。柱の外側と外壁材の裏側との間に隙間が空いている訳です。

 木造住宅の場合、湿気は建物にとって大敵です。湿った空気が留まる事で木材を腐らせてしまう事になります。空気の流れを作る事で、湿気を留まらせる事を防いでいるのです。また、空気の層があることで、外部の熱を建物内に通し難い効果もあります。

 ここで本題ですが、塗装工事では通気工法には全く影響がありません。外壁を張り替える時に影響が出てきますが、同様の工事を行うことは出来ます。中には、ハウスメーカー等では、独自の通気工法などを施工している場合が有りますので、まずはお客様の建物を調査させて頂き、対応出来るかどうかの判断をさせて頂きます。

 調査・見積もりは無料で対応させて頂いておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

  • 屋根・外壁塗装
ガラス張りの温室。足場仮設時に手間になると工事費用に影響する?
お住まいに併設されている場合は、温室を避けるように仮設足場を設置する事も可能です。

  • 屋根・外壁塗装
セメント瓦用塗料のカラーバリエーションは豊富?
色選びを行う上で弊社では、カラーシュミレーションをお作りしています。